So-net無料ブログ作成
買い物【自分】 ブログトップ

ハーブシガレットを使って禁煙開始! [買い物【自分】]

  

前回(禁煙グッズ選び)の続きです。
ネット等でいろいろと調べた結果、これなら私でも!?と思えた禁煙グッズが、上記のハーブシガレット花シガーカットでした。到着するまでの数日、灰皿のシケモクを漁りながら、それでもなんとかタバコは買わずに頑張りました。この期間に、
「花タバコでも何でもいいから、早く、思う存分煙を吸いたい…」
そう思えたのは良かったのかも知れません。

ハーブシガレットに対してもっとも心配していたのは、「吸い応え」(?)と「」でした。
「吸い応え」とは、私が勝手にそう呼んでるだけで、言い換えれば「タバコらしさ」のようなもの。
喫煙者にしか解らないかも知れませんが、タバコの煙を吸い込んでグっとくる感じ…とでも言えばいいんでしょうか。吸い込む時の程よい抵抗感と、吸った後、肺に煙が重く充満している独特の感覚です。
電子タバコではその辺の感覚が、本物と比べるとかなり物足りなかったんですが、ハーブシガレットは同じタバコなだけあって、煙を吸っている感覚は通常のタバコと殆ど差はありませんでした。寧ろ、普段吸っていたマイルドセブンスーパーライトよりも吸い込む時の抵抗は強いくらいでした。

俗に言う重さ(キツさ)は、私で殆ど違和感を感じないくらいでしたので、普段からセブンスターのようなキツめのタバコを愛煙していた方には多少物足りなく感じるかも知れません。燃焼促進剤が使われていませんので、1本を吸いきるまでの時間は通常のタバコよりも若干長めですが、風のあるような場所では寧ろ早く燃えるような気がしました。

問題の「味」ですが、これはかなり独特の風味です。
インド系の雑貨屋さんなどに入ると、インド香が焚かれていることがよくありますが、花シガーカットの煙もかなりアレに近い匂いがします。当然、吸い込んだ時の風味も同様で、インド香の煙をそのまま吸い込む感じを想像すれば大差ないと思います。
…まぁ、そんなことを実際にしたことがある人は殆どいないと思いますが[あせあせ(飛び散る汗)]

個人的な感想としては、味も大体予想の範囲内で、最初に吸った時は、
「まぁ、こんなもんだろうなぁ」
という感じでした。美味しいとはさすがに言えませんが、実際に火を点けて煙を吸えるなら大概の部分には目を瞑るつもりでいましたので…。
ただ、一箱(10本)吸い終った頃には、段々と独特の風味が鼻につくようになってきて、多少の気持ち悪さも覚えるようになってきました。本当にこれで我慢して続けていけるかな?と、少し不安を感じましたが、それでも、どうしようもなく喫煙欲求に駆られると他にタバコはありませんので、仕方なく花シガーカットに火を点けました。

そうこうするうちに、3~4箱目を開ける頃には味にもだいぶ慣れて気持ち悪さは薄らいできました。おまけに付いていたサービス品のアロマエッセンスも、フィルターに一滴垂らして吸ってみるとだいぶ風味が変わるので、飽きてきた時には助かりました。

因みに、私以外に職場の部下2人と、お店の常連さん1人にも試してもらい、感想を聞いてみました。
部下Y(禁煙歴1ヵ月)は概ね私と同じ感想で、まだタバコを止めて1ヵ月だったので、口元が寂しくなった時に気分を紛らわすには良いと言ってました。部下Nは、これから禁煙を始めてみたいという状態でしたが、普段から色々と珍しいタバコを吸ってるせいか、花シガーカットについても美味いと言ってました。
常連さんの方は、気持ち悪くて全然ダメだと言ってたので、合わない人には全く合わないようです。


さて、花シガーカットに切り替えてからの経過です。
一度に買う量にもよりますが、通常のタバコに比べると単価は2倍程するので、喫煙欲求がどうしても抑えられない時以外は我慢するようになりますが、それでも最初の1~2週間は一日に10本近く吸ってしまいました。最終的には花シガーカットも吸わないようにならなければなりませんから、
「本当にこれで止められるのかな?」
と、少し不安も感じましたが、半月を過ぎた頃から段々と本数が減り始め、一ヶ月も経った頃には一日3~4本程度にまで減少していきました。
私の場合、職場で仕事の合間合間の一服という喫煙習慣が一番断ち切り辛かったんですが、オフの日には比較的早い段階で全く吸わなくなっていましたので、一日平均の消費本数はもっと少ないと思います。

現在、花シガーカットに替えて一ヵ月半が経過したところですが、昨日は初めて、職場でも一本も吸わずに過ごす事ができました。このままなんとか、完全に卒煙を達成できるのではないかと手応えを感じています。
既に、私より先に禁煙を始めていた部下Yは、4~5箱で花シガーカットも吸わなくなり卒煙できたようです。
私より遅れて花タバコ禁煙を始めた部下Nは、私よりニコチン依存度の強いタイプだったようで、禁煙開始序盤は眩暈眠気などかなり酷い離脱症状に見舞われていたようですが、二週間も過ぎると離脱症状もだいぶ和らぎ、今では花シガーカットの消費量も2~3日に1本程度と、私より少ないくらいです。


最後に、注意点をまとめます。

ハーブシガレット喫煙習慣を持続させたままニコチンだけを先に断ち切る方法ですので、ニコチンへの依存度が高い人ほど、やはりそれなりの離脱症状に見舞われる可能性も高くなります。特に、普段から飲酒と同時に喫煙しているような方はニコチンの吸収率も高くなるようなので、そのような方はハーブシガレットより、も二コレットニコパッチ離煙パイプなどの方が楽に禁煙できるかも知れません。

味については感じ方にも個人差がありますので、まずは少量のセットを買ってみて試してみた方が良いと思います。また、続けるとしても匂いはかなり独特ですので、公共の場…例えばレストランの喫煙席など、タバコが禁止されていないような場所であっても吸うのは控えた方が良いです。

私も、部下Yも部下Nもそうでしたが、最初はかなりの本数を消費してしまうので、本当にこれで止められるのかと不安を感じます。しかし、ニコチンフリーですので依存度はなく、そのように何の神経作用もない煙を吸い続けること自体が難しいことですので、目に見えて本数が減るまでそれほど長い時間は掛かりません。
一度スタートした後は、諦めずに一ヶ月は続けてみることをお勧めします。

そして、一番大事な事ですが、何の我慢もせずいつの間にか止められるような禁煙法は無いと言っても過言ではないでしょう。どのような禁煙法であってもいくらかの我慢は必要になるはずです。花シガーカットでの禁煙も例外ではありませんので、「タバコを止めたい!」という強い気持ちを持った時に挑戦して下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

禁煙スタート… の前に、禁煙グッズ選び [買い物【自分】]

喫煙歴、約20年
今まで本気を出して禁煙に挑戦したことはありませんでしたが、タバコ増税(&値上げ)目前の先月より、いよいよ私も禁煙をスタートさせました。…と言っても、理由はタバコの値上がりではなく、妻の妊娠

私と同じく妻も喫煙者でしたが、二人目の子供の妊娠中に前置胎盤であることが判明し、出産(帝王切開)までの2ヶ月近く、大学病院での入院生活を余儀なくされました。当然、その間はタバコを吸えず強制的に禁煙状態。入院2~3週間目にはだいぶ喫煙欲求も収まってきたようで、
『このまま、なんとか、タバコはやめることができそう』と言い出したので、いよいよ私も、妻に付き合って禁煙に本腰を入れることにしました。

もともと、数ヶ月前から、
「禁煙、始めてみようかなぁ…」
と、ぼんやり考えたりもしていたんですが、喫煙者の同居人(妻)がいる状態で禁煙・卒煙を達成する自信は全くなく、まぁそのうちに…と延び延びになっていたので、妻の妊娠&禁煙はよい切っ掛けだったと言えます。加えてタバコ増税目前という時期でしたので、禁煙を決心するまではスムーズでした。

実は妻が入院する直前、これから入院生活で喫煙し難くなることを予想して、少しでも気分が紛れればと思いAmazonで電子タバコを購入しました。



調べてみると、機種によって値段もまちまちで、高い物は1万円以上もしていましたが、壊れ易いというレビューも多く目にしたので、安いものを探して、妻の分と、ついでに私の分も購入してみました。最近ではタバコ増税直後ということもあり、各方面で禁煙グッズとしても宣伝されている電子タバコですが…

正直、私自身はこれで禁煙ができるとはとても思えませんでした。
説明文には【タバコと同じように吸い込むと、まるで普通のタバコを吸っているかのような満足感が得られます】と書いてはありますが、本物のタバコのような吸い応えはまるでありません。煙の正体は霧化した水蒸気ですから当たり前と言えば当たり前です。
吸い込む度に先端のLEDライトが赤く光ったり、吸い込んだ煙(水蒸気)もちゃんと吐き出すことができたり、吐き出した煙で輪っかも作れたり、タバコを上手く模したジョークグッズとしては大変出来が良いと思います。
…ですが、タバコの代用品としてはどうでしょうか[たらーっ(汗)]

煙草が吸いたくなったらとりあえずこれで我慢する、という節煙目的の使い方なら、ある程度の効果はあるかも知れません。安い機種ならかなり経済的なので、出費も多少は抑えられると思います。
ただし、下手に煙草と似ているだけに喫煙習慣を忘れることができず、ニコチンが切れてくると煙草を我慢することが逆に難しいのではないかという印象を持ちました。

もちろん、どのような禁煙法でも我慢は必要で、気付いたら自然とやめられた…なんて上手い話はなく、「煙草を止めるぞ!」という強い意志がなければ禁煙は達成できません。電子タバコについてもそれは同じで、これを吸ってるうちにいつのまにか卒煙できた…なんてパターンを期待しているのであれば、ほぼ間違いなく挫折します
また、ある程度我慢することは覚悟して、喫煙欲求を紛らわす為の代替行為として割り切っていたとしても、電子タバコはあまりに中途半端でした。
買った当時は本気で禁煙を考えていたわけではありませんが、禁煙を決めた後でも、電子タバコを代用品として禁煙を進めようとは全く考えませんでした。
とりあえずガムでも噛みながら何か良いものがないかネットを検索して見つけたキーワードが、二コレット離煙パイプハーブシガレット、の3つでした。

二コレットとはニコチンを含んだガムのことで、禁煙グッズとしては以前から有名ですが、とりあえず私は、「口から煙を吸う」という喫煙行動自体を重視したかったので二コレットは却下し、他の二つの方法の何れかを挑戦することにしました。

まず、離煙パイプですが、これは煙からニコチンをカットするパイプの事で、最初はカット率の少ないパイプから始め、徐々にカット率の多いパイプに変えていき、タバコを吸いながら自然と体内からニコチンを抜いていくと言う代物らしいです。

ただ、個人的には、これもどうなんだろう…?と言う感じでした。
ニコチンの依存症というのはそれほど強いものではなく、禁煙開始後1週間程度で、酷い離脱症状を伴う山場を越え、一ヶ月程で体内のニコチンは殆ど消えてしまうそうです。つまり、最初の一週間から一ヶ月をどう乗り切るかが最も重要に思えたんですが、ニコチンを摂りながらその期間を乗り切るというのは如何なものか?と個人的には思えたわけです。何と言うか、素人考えですが、ニコチンを摂取しながらなら我慢の度合いは軽減されるとしても、その期間は長引くような気がしたわけです。

そこで、3つめのハーブシガレットです。
これは、バラカモミールウコンなど、花やハーブの天然原料から作られたタバコのことで、ニコチンは全く含まれていません。火を点けて煙を吸い込むという行為自体は通常のタバコと同様ですが、ニコチンフリーなので中毒性はなく、自然とタバコが止められるというアイテムです。
煙を吸い込む習慣は残しつつニコチンだけをスパっと断ち切るので、禁煙グッズ…と言うよりは禁ニコチングッズと言った方が良いかも知れません。

既にタバコの購入を止めて数日が経過していましたが、どうしても我慢できなくなると、職場の倉庫にあった灰皿の中から長めのシケモクを拾って2~3口吸ったり…というようなことを繰り返していました。灰皿を処分できないあたり、我ながらなんとも未練がましいんですが、ストレスや仕事への影響を考えるとどうしてもスパっと断ち切ることができませんでした。

ただし、その減煙時期に、自分はニコチンに対する依存よりも、いろいろなタイミングで喫煙をするという習慣依存の方が強いタイプなのではないかと、なんとなくですが考えるようになっていました。もしそうであれば、とりあえずニコチンだけを断つハーブシガレット法は、私には合っているのではないかと考えたわけです。

私が購入したのは、Amazonで見つけた以下の商品です。

 

長くなりましたので、使用してみた感想や禁煙の結果(途中経過?)は、次の記事で書いてみたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング
買い物【自分】 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。